共同事務所に就職しました

念願の行政書士の資格に合格を果たし、一定の研修を積んだ後、いよいよデビューの時がきました。
もっとも、自分の場合、いきなり独立開業はせず、事務所への就職を決めました。

その事務所は司法書士と土地家屋調査士、税理士の共同事務所なのですが、行政書士ともタッグを組みたいと募集をしていたのです。
ですから、共同事務所といっても、同じ資格を持っているのは自分ひとりです。
その意味では独立業務にも近いのかもしれません。

ですが、他の仕業の方であっても、業務経験豊富な方がいると心強く、いろいろと教えてもらいサポートも受けています。
たとえば、会社設立の案件が入ると、税理士の先生が駆け出しの自分に声をかけてくださり、一緒に業務を経験させてもらいました。
また、遺言や遺産分割協議書の作成事案では、司法書士の先生が一緒にやってみようと声をかけてくれたのです。
資格を得るまでの勉強や研修を通じて、一通りの書類作成は経験していますが、実際にクライアントから依頼を受けての実務となれば、勝手が違います。
助け舟を出してくれたり、「ここはもっとこうしたほうがいい」とアドバイスをもらえるのは、本当に助かります。

一方で、行政書士特有の案件については、他の先生方が頼ってくれたり、案件を回してくださいます。
税理士の先生の顧問先で、産業廃棄物の運搬業許可申請を取得したいと言っているとお話をいただくなど、お互いが助け合い、連携しあいながら、クライアントの問題を解決しているのです。

行政書士試験に無事、合格出来ました

試験が終了した直後から、合格出来るかどうか不安だったのですが、何とか行政書士試験に合格する事が出来ました。

私が行政書士になりたい!と思ったきっかけは、手に職をつけていたほうが良いという、両親のアドバイスがあったからです。
やっとの思いで内定を頂いたのですが、失業、リストラが頻繁に行われていて、先行きの不透明さに不安を感じていました。
そんな時、両親のアドバイスもあり資格取得を決意したのです。

合格率も例年数%で推移しているので、本腰を入れて勉強しないと、合格するのは難しい資格です。
資格専門学校を利用し、勉強する事にしたのですが、仕事の時間が不規則なので、思い切った勉強時間が確保出来そうになかったのです。
その為、仕事終わりや休日に通信講座を使って勉強する事にしました。

通信講座のメリットは、何と言っても通学に割く時間を省く事が出来る点にあります。
仕事をしていると、どうしても通学に時間をかけなくてはなりませんが、その時間を勉強に充てる事が出来ます。
試験に合格するまでに必要な勉強時間は、約1,000時間だと言われています。
でもそれは独学の話で、もっと効率よく合格点を取るには、通信講座がお勧めです。
また、分からない点や疑問点が生じた場合、メールや電話等を通じて、即座に質問出来るのがメリットだと思います。

途中、何度も挫折しそうになりましたが、「何の為に行政書士試験を受けるのか」という原点に立ち返ることで、モチベーションを維持し続け、何とかギリギリのラインで合格する事が出来ました。
私の場合、一日の平均学習時間は3時間、直前になると5時間は勉強していました。

行政書士に受かるコツ

私は平成23年度の試験で、行政書士の資格に無事合格を果たしました。
他の士業より試験が難しくないと聞いたことがあり、それならばと資格受験を決めたのですが、実際は合格率がかなり低い狭き門の試験だったのです。

平成17年度はなんとわずか2.62%です。
その後、4.79%、8.64%と上昇してきて平成21年度には9.05%となったものの、私が受験を間近に控えた前年度の平成22年度は再び6.60%へと下落していました。
70,580人が受験して4,662人しか受からないという、難関だったのです。

この結果に少しひるみましたが、それでも勉強自体はそう難しくないんだと思い込み、勉強に励むことにしました。

合格を勝ち取るために重視したのはメリハリと、基礎力の養成、過去問の徹底です。
試験内容は大きく一般教養と法律の出題があります。
一般教養は例年14題ほど出題されますが、合格ラインは40%以上と言われていたので、少なくとも半分はクリアする過去問を繰り返しました。
また、法律については憲法と民法、行政法に商法や会社法から出題があります。
どの分野もしっかり理解するにこしたことはありませんが、試験合格のため、特に実務でも重要になる民法と行政法に重点をおいてメリハリをつけることにしたのです。
あとはインプットした内容をアウトプットで徹底させるべく、過去問を繰り返し解きました。
これで合格を決めたわけですが、この年の合格率は8.05%で、少し増えて助かったのかもしれません。

行政書士の難易度は高くない

まだまだ世の中は学歴社会という感じなので、高卒の私では思うような就職先が見つからないと思っていました。
両親は今の時代、資格を取得していないと長く仕事を続けられないと勧めてきたので、高卒でも取得できるような資格があるかどうか、調べてみることにしたのです。
そんな時に見つけたのが、行政書士でした。

高卒でも資格試験を受けることができます。
また、難易度もそれほど高くないということが分かりました。
ちょっと勉強すれば、合格できると思ったので、早速、勉強を始めてみることしたのでした。
と言っても、何度も試験に落ちてしまい、何度目かにしてようやく合格できたという人もたくさん居ます。
そういった人たちから見てみれば、相当な難易度の高さとなるのかもしれません。

個人的には時間がかかったものの、行政書士は独学で合格できたということもあり、それほど難しいものではなかったように感じているところです。
不安な人は合格率をインターネットなど調べてみるといいかもしれません。
年度によって、多少の違いが見られます。

また、確実に迅速に合格したいというのなら、専門学校に通って勉強した方がいいかもしれません。
そうすれば、スムーズに合格できるはずです。
私は独学でしたが、後で友人に通信教育を利用した方が良かったのではないかと言われました。
たしかに、通信教育でも行政書士に向けてのコースがあります。
そうすれば、もっと難易度が低くなったかもしれません。

幅広い仕事があった

行政書士になってみて、想像以上に幅広い仕事がありました。
そのため仕事には困らないのではないでしょうか?
官公署への書類の作成を行ったり、代理で申請したり、各種企業の経営に関するもので許可が必要なものを代理で書類を作成し提出したり、本当に多くの仕事があります。

相談を受け付けることもあります。
行政書士として働いていて面白いと思うのが、いろいろなジャンルの企業の方とお話ができるところでした。
なかなか一つの職業で、これほどまでに様々な職業の方と出会えるチャンスはないと思います。

そしてその方たちから受ける相談などは、自分にとってとても刺激になるようなこともあります。
新しく会社を立ち上げる、という若者もいて、その方たちがしっかりと事業を行っていけるように手続きを行えるというのは嬉しいです。

先日は建設業の許可申請を行いたい、という30代の方がいらっしゃいました。
自分で行おうとしたけれど、なかなか難しくてできなかったのだそうです。
簡単に書類を作成し、申請をすることができる内容のものもありますが、事業などを行うための許可や登録、届け出などはいろいろと専門的な知識も必要となりますし、かなり膨大な書類が必要となって来ます。

そういった時に手助けするのが我々行政書士です。
当然スピーディーに書類を作成する必要がありますが、不備があってはいけません。
不備があればまたやり直し、その時点で信頼を失ってしまいますから、正確さと速さが求められる職業だと思います。